ジェイワンのこれから痩せるぜ来実父ブログ

ジェイワンのこれから痩せるぜ来実父ブログ

胸を揉まれると大きくなるのは都市伝説?

読了までの目安時間:約 4分

 

昔から言われていることに、牛乳を揉むとミルクが大きくなる、というものがあります。

しかし、それは過去なのでしょうか。

作り話のような気もしますが、細かく調べてみました。

■胸をもまれる結果母親ホルモンが活性化するのであればプラスに作用する

・恋にもまれる主旨

男性に胸をもまれるとミルクが大きくなる、と言うのは、なかばはGoodしています。

男性に胸を揉まれる情勢というのは、母親ホルモンが活性化することにもつながるわけです。

牛乳容積は、母親ホルモンが活性化始めるだけでも、まったく変わってきます。

一方で、母親ホルモンが活性化していなければ、牛乳容積が小さくなってしまう。

・揉みヤツによっても母親ホルモンの分泌に差がある

男性は母親の胸を揉むときはさほど意識しないかもしれませんが。

母親ホルモンを高め易い揉みほうがあります。

単に乳首近辺を手厚くマッサージして上げることが肝心なんですよ。

乳首の友人や乳輪の程度をなぞるように揉むと、エストロゲンが発生することがわかっています。

もしミルクが大きくなりたいのであれば、彼氏君や父親の力を借りてみましょう。

旦那にとっても、あなたがミルクが大きくなるのはカワイイことです。

積極的にお手伝いしてくれるかもしれませんよ。

・ダメなミルクの揉まれヤツにも件

ただたった、ミルクの後半からゆらゆらとさせたりしても意味がありません。

前述からモミモミしただけでもよくありません。

ちなみに、旦那から絶対にされてはいけないもまれ方もあります。

強引にたくましく掴まれて仕舞うことです。

どうしてもパワーが凄いと、クーパー靭帯が切れてしまうこともあります。

尽きると回復しないので、ミルクがたれたままの状態になってしまうよ。

■自分で揉むのは威力あるのか?

・効果はある

意をマッサージ的感覚で揉むことは非常にいい効果があります。

ミルク周辺には血行を促進させるような手段もいくつかあるわけです。

それらの手段押しを行うことで、ミルクの血行が高まれば、ミルクが成長し易くなります。

女性は血行不良に陥りやすい実態もあります。

冷え性で耐える人も多いですからね。

冷え性で困り続けているのは大きなマイナスだ。

積極的にミルク周辺をマッサージして、血行不良を解消ください。

マッサージに関しては、継続的、そして定期的に行うことが鍵だ。

ウィークに1回から2回行ったからといって効果は出ません。

デイリー行って、ミルクの育ちをスピードアップさせてくださいね。
ベルタプエラリア 通販

 

バストアップ

プエラリアは日本でも生息している?

読了までの目安時間:約 4分

 

プエラリアって耳慣れないコピーですよね。

これはバストアップサプリの高級アスリートです。

横文字でサプリメントの材料って言われるとまさにいかがわしいクスッ見たいに思われちゃいそうですが、

こういうプエラリアって言うのはプエラリア・ミリフィカという学名の植物だ。

タイやミャンマーに生息する野生のマメの一種です。これを聞いたらイージーしますよね。

自然に存在する植物ですから、恐れることはありません。

そんなプエラリアが何でおっぱい出稿に効くのか、というとその内緒はプエラリアに留まる、

エストロゲンイソフラボンという材料にあります。

エストロゲンイソフラボンとは妻ホルモン迫る働きをする材料だ。

プエラリアに留まるイソフラボンの嵩は、大豆の40ダブルだ。

あの、サプリの大豆の40ダブルも含まれているのですから驚きです。

またその他にも、妻ホルモンの分泌を促す材料が数多く含まれています。

余りに多くの嵩が含まれているので、実力に最高が定められるほどだ。

こういうプエラリアに留まるエストロゲンとは、人間のカラダでも分泌されているホルモンだ。

主に卵胞期と呼ばれる、メンス終了後から、排卵までに数多く分泌されています。

エストロゲンはどんな働きをするのか、というと、妻を可愛らしく保つ働きがあります。

卵胞期はあだ名ギラギラ期とも呼ばれ、お肌の体調や状況が滅法、快調に変わるチャンスだ。

子宮や卵巣では、妊娠やれる支度を整え、お肌などを可愛らしくすることで、メンズを惹きつけるのです。

エストロゲンはギンギン期・卵胞期を支えてある、大黒柱という訳です。

こういうエストロゲンが、ホルモン均整のゆがみなどから不足すると、

肌荒れやメンス不順の発端にもなります。

おっぱいも大きくなりません。

そこで活躍するのがプエラリアだ。

プエラリアは全身で不足してしまったエストロゲンを補充し、なおかつホルモン分泌も活性化講じる

効果があるのですから、おっぱい出稿の申し子ともいえるでしょう。

こんなプエラリアを再び効果的に摂取するには、メンス終了後からメンス試験までの、

卵胞期に飲むといいでしょう。かつて多くのエストロゲンが分泌されていますが、

それにプラスすることによって一段とおっぱい出稿への目論見が高まります。

またプエラリアには、おっぱい出稿だけにとどまらず、

更年期障害の事態節減や、美肌、美貌髪などと言った結末まであります。

安全な野生由来のプエラリアで、おっぱい出稿だけじゃなく、内側からきらめく美しさを手に入れましょう!
バストアップサプリメント

 

バストアップ